【きょうの料理】バスク風チーズケーキのレシピ・作り方
【きょうの料理】バスク風チーズケーキのレシピ・作り方

2020年11月25日のNHK『きょうの料理』で放送された『バスク風チーズケーキ』の作り方・レシピについてご紹介していきます。

レシピの考案者は小嶋ルミさんです。混ぜるだけで簡単に作れるレシピですよ。

ちなみにバスク風チーズケーキは、スペインのバスク地方発祥のチーズケーキであることから、バスク風チーズケーキと呼ばれているそうです。

『バスク風チーズケーキ』の作り方・レシピ・材料についてまとめましたので、ぜひ試してみてくださいね。

バスク風チーズケーキ
エネルギー(全量)2190kcal
所要時間目安約40分

レタスクラブ・オレンジページ・今日の料理・ビギナーズ・3分クッキング・ESSE・ガッテン!などの料理本を全部読んでも月額380円!

\年間購読で960円もお得/

写真付きレシピだからわかりやすい☆

【きょうの料理】バスク風チーズケーキのレシピ

【きょうの料理】バスク風チーズケーキ

2020年11月25日のNHK『きょうの料理』で放送された、バスク風チーズケーキのレシピ(材料・作り方)をご紹介していきます。

バスク風チーズケーキの材料

きょうの料理のバスク風チーズケーキの材料はこちら☆

材料・15cm丸型1台分

  • クリームチーズ:220g
  • グラニュー糖:100g
  • 生クリーム:170ml
  • レモン汁:小さじ1/2
生クリームは、乳脂肪分が45%以上のものを使うコト。

<A>

  • 卵:M卵3個
  • 卵黄:M卵1/2~1個分

<B>

  • 薄力粉:大さじ1弱(8g)
  • コーンスターチ:小さじ1強(4g)

バスク風チーズケーキの作り方

①クリームチーズを2cmの厚さにならし、耐熱容器に入れてふんわりとラップをして電子レンジでチン。(様子をみながら柔らかくしていきます)

指がすっと入る柔らかさが目安となります♪乾かないようにラップは外さないでおくのがポイントです。

②<A>をボウルに入れ、泡だて器で混ぜます。

③生クリームは常温に戻し、<B>は合わせてふるっておきます。

④オーブンシートを焼く30cmの正方形に切ります。型よりも低くならないように敷いていきます。

底が綺麗になっていれば、横はクシャっとなっていても大丈夫です♪

⑤オーブンを250~260度で予熱します。

⑥ここから生地作りです。ボウルにクリームチーズを入れて練ります。柔らかくなったら、グラニュー糖を入れて、泡だて器で良く混ぜ合わせていきます。

⑦②の約1/4を入れて混ぜてなじませます。残りも2回に分けて入れていきます。

⑧⑦に生クリームを入れて混ぜ、レモン汁を入れて混ぜます。

⑨型に生地を入れて天板にのせて、オーブンに入れて240度で約20分間焼きます。

焦げ色がしっかりとついて、生地が2~3cm盛り上がります。

⑩天板ごと型を揺らして焼き加減をみます。ゆらゆらと激しく揺れる場合は、追加で1~3分焼きます。焦げ色が濃くなり、揺れが緩やかになったら取りだします。

焦げ色がつくまではオーブンは開けないようにしましょう。

色がなかなかつかない場合は、250度にあげて様子を見てください。揺らしても揺れない状態になると、焼き過ぎの目安です。

⑪型ごと網にのせて冷まして、ラップをして冷蔵庫で8時間寝かせます。

⑫オーブンシートごと型から外して、そっとはがします。温めたナイフで切り分けると切り分けやすいですよ♪

【きょうの料理】バスク風チーズケーキの作り方・レシピ まとめ

2020年11月25日のNHK『きょうの料理』で放送された『バスク風チーズケーキ』の作り方・レシピについてご紹介してきました。

難しいイメージのあるチーズケーキ作りですが、手順自体はそこまで難しいものではありませんでしたね。

是非作ってみてくださいね♪

当ブログ『はなぐるま』では、テレビ番組で放送されたレシピや、話題のレシピを実際に作ったレビュー記事を投稿しています。
過去記事もぜひご覧ください^^

きょうの料理】は、平日月曜日~水曜日の21時~21時25分の放送。60年以上にわたって放送されている長寿お料理番組です。

スポンサーリンク
おすすめの記事